タイトルわからなかったら読む必要とかないです。完全備忘録。なまくらです。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

自分の中で人生2回目くらいの断捨離の季節がおとずれています。
1回目は2年前に引っ越したときに6~7割の書籍とCDをすべて処分しました。
第2弾ということで、残りの書籍と自宅IT環境周りに手を付けています。

最近自宅のデスクトップで使用していたマシンをやめて、
ノートPC(Windows10Pro)に外付けディスプレイつける方式にしました。
その時使っていたデスクトップマシンがLinux(Lubuntu 16.04)でした。
そして我が家にはストレージとしてBUFFALOのTeraStation(TS-IX4.0TL/R5)があって、iscsiでマウントして使っていました。

断捨離ということでデスクトップマシン、TeraStationは廃棄したいのですが、データは救ってやりたいものも多くて、クラウドストレージを利用しようと思いました。
ということでWindowsマシンからext4ファイルシステムをマウントしてクラウドストレージに移動すりゃいいかなーなんて軽く考えていました。LinuxからNTFSマウントするなんて簡単にできるし、その逆も余裕だろ、なんて思っていました。
結果的にはこれが間違いでしたw

ちょっと調べてみたんですが、Windowsからext4のファイルシステムをマウントするのが案外ホネが折れることが分かったので、備忘録代わりにブログ書いてます。

結論から書くと、今のところスッキリとうまくいく方法が見つけ出せてないですw
誰か知ってたら教えてほしいです…。

1.直接マウント
2.NFS経由でのマウント
以上2パターンで試しましたが、どうもうまくいきません。以下、経過を。

1.直接マウント
ググってみたところ、ext2fsdというツールがメジャーらしくてダウンロードしてインストール、使ってみましたが、ダメでした。ディスクは何とか見えるのですが、ドライブレター割り当ててエクスプローラからクリックすると「フォーマットされていません。フォーマットしますか?」と出ます。
いやいやいやいや、と慌ててキャンセルしてReadOnlyにしてからいろいろ試してみましたが状況変わらず。断念しました。

2.NFS経由でのマウント
ext4を直接マウントするのがダメならNFSでexportしてNFSマウントすればいいじゃない、なんて浅はかな考えにいたりw、ノートPCにあらかじめインストールしてあったVirtualBoxにCentOS7をインストールしてTSのドライブをiscsiマウントしてから、CentOSでNFSサーバを起動させてNFSクライアント機能をインストールしたWindowsでNFSマウントさせりゃ一件落着じゃーん。

でやってみたんですが、これも躓きました。Windows標準のNFSクライアントだとUTF8→CP932っていうマウントができない(日本語が文字化けする)…

結局調べまくった結果、nekodriveっていうツール使えば文字コードを考慮したマウントができることが分かったし実際にできたんですが、これめちゃめちゃ不安定だね…(何度も落ちた)。
同梱ツールのnekodriveのテストコンポーネントのNFSClientのほうが安定して使えるし…。
ちなみに役に立った記事はこことかこことかここ

まぁいいか、NFSClientさえ安定して使えりゃ。どうせデータをクラウドに移動できればいいだけだし…。


って、ここで賢明な読者の方には以下の2点が思いつくと思われます(てか自分でも思った)
3.どうせクラウドに移動するだけならCentOSから直接クラウドストレージに接続すればいいんじゃね?
4.cygwin使ったらext4直接マウントできるんじゃね?

3.についてはクラウドストレージがCentOS用のバイナリ出してるかどうかに依存するかと。あ、でも最近はWebDav経由とかで上げるから最悪curl使えばよいかもしれぬ。が、なんか面倒じゃんw

4.についてはいろいろ試行錯誤して最後に自分で気づいたところで、これはまだ試してません。
ちょっとググったらこんなページがあったんだけど、どうだろうね…

まぁどうでもいいことに悩んでいる最近でした。

それでは。



サラリーマン投資家ランキング

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村